保護ハンドクリーム PM1000

pm1000はこんな方に

pm1000 薬品で皮膚にダメージがある。

美容師・マッサージ師・清掃業・農業・花屋・庭師の方など
毛染め剤・シャンプー・洗剤・農薬・肥料等から手を保護します。

pm1000 手についたグリスの臭いが落ちない。

整備士・機械工・工業作業・清掃員の方など、手荒れはもちろん、しつこく残る臭いから手を守ります。

pm1000 溶剤でアカギレが治らず、絶えない。

看護士・介護士・工場作業の方など
溶剤による手荒れ・アカギレ等、手袋をしての作業がしにくい等、素手の作業を保護します。

pm1000 洗ってもペンキが手に残る、落ちない。

建設業・塗装業・日曜大工で塗装等をする方。作業後塗料が水洗いで落ちやすく、慢性的な手荒れから守ります。

pm1000 ご家庭での家事、清掃、庭作業等

作業後の手のケアの前に、塗ることで科学溶剤・細菌からガード、手荒れを防ぎ、臭いも洗い流せる保護ハンドクリームです。

皮膚の保護対象となる主な溶剤

 

・接着剤・クロロホルム・ガソリン・水・ペンキ・メチルエチルケトン・トルエン・うすめ液
・パークロロエチレン・キシレン・ナフサ・nヘキサン・灯油・ジクロロメタン・ディーゼル油
・アセトン・シンナー等

PM1000は、なぜ皮膚を保護できるのか。利用方法等

角質層にミクロのバリア

科学溶剤・臭い・細菌を肌の深部に通しません。
これにより、作業後の手洗いで、手についた汚れを洗い流す事ができます。

4時間おきの簡単保護クリーム

肌の細胞が4時間程度で入れ替わるため、4時間おきに石鹸で手を洗い流して、水分を拭き取った後PM1000を1グラム塗るだけ。(場合によって、爪の根元などもう1グラム塗って十分な量を塗って手を保護してください。)
適量ならば1~2分程度で、ベタベタ感もすぐに治まります。
石鹸で手洗いすれば汚れが落ちやすく、臭いも流れます。

保護ハンドクリーム PM1000

プロの手をしっかりガードする保護ハンドクリーム PM1000
染料・油・塗料・ペンキ・アセトン・接着剤・バクテリア・繊維粉・ガラス粉・アルコール・臭い汚れシャットアウト。PM1000(ピーエムセン)は汗で効果が流れません、4時間効果が継続します。

pm1000のご利用方法

クリームをつける箇所を水で洗います。

タオル・ジェットタオルで水滴が残らないようにしっかりと乾かします。

1gのクリームを容器から手のひらに取り出します。

手全体へしっかりとのばしてください。
(爪の根元、指の間など必要なら、もう1gを両腕に塗ってください。)

科学溶剤が直接触れる部分、また飛沫が付着される皮膚の露出部分など、すべての箇所にご使用ください。

PM100は、汗でクリームの効果が流されることはありません。

使用開始後は、4時間ごとに石鹸と水で適用箇所を洗い、再度クリームをつけてください。

作業終了後、ペーパータオルなどで大きな汚れを取り除き、その後水と石鹸にて洗い流してください。

※注意

【目に入ってしまった時】
十分な水で洗い流してください。

【飲み込んでしまった時】
特に有害物質の含有はありませんが、大量に飲み込んだ場合は気分が悪くなる可能性があります。

【保管場所】
45℃以下の直射日光が当たらない場所で保管してください。
(クリームが分解する可能性があります)